<< 「5月〜7月に残業すると損する」は本当か? | main | ベランダ、駐車場を鳩の糞から守る「一石二鳥作戦」 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2007.04.05 Thursday | - | - |
 なんと「ハンカチ1枚」で写真写りが全然違う
スピード写真で、「満足する写真が撮れた」と言う経験のある人は、
少ないのではなかろうか。
履歴書、免許証、パスポートの申請など、利用する機会は結構あるのに、
このスピード写真、あまり腕のいい”カメラマン"とはいえないようだ。
しかし、”カメラマン"の腕がよくなければ、
被写体のほうで、何とか努力するしかない。
実際、撮られる側のほんのわずかな努力と技で、
"二流カメラマン"脳ではグンとアップするのである。
そのわずかな努力とは、レフ板を使うことである。
東京の渋谷あたりで、グラビア撮影が行われているが、
よく見ていると、カメラマンの助手がモデルの前で白い板を広げている。
これが「レフ板」だ。
グラビア札えには絶対欠かせない小道具で、
これを使うと光を反射して、顔にハイライトを入れた効果が出るのだ。
強い光を当てることで、顔の陰影が柔らかくなり、写真写りがアップするのである。
ただ、普通の人がスピード写真で撮影する際、
わざわざレフ板を持っていくわけには行かない。
そこで、裏技として使えるのが白いハンカチ。
顔の下に白いハンカチを広げると、それだけでレフ板の役割を果たし、
写真写りがよくなるのだ。
ちなみに、ハンカチは木綿でもいいが、
より光沢のあるシルクやレーヨンのほうが効果は大きくなる。

━━━━━━━━ 「A8.net」ならメリット盛りだくさん!!━━━━━━━



 ◎2800社を超える広告主の中から、好きな広告素材が選べる!

 ◎一流企業の広告を、あなたのサイトやメールマガジンに掲載できる

 ◎月々数十万円の高額報酬を得ている会員が続々誕生!!

 ◎成果報酬型だからアクセス数の少ないサイトでも登録可能!!

 ◎もちろん会員登録は無料。その後も費用は一切かかりません

 ◎すでに200,000サイトのホームページ・メルマガ運営者が参加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| 2007.01.15 Monday | 雑学 | comments(0) |
 スポンサーサイト
| 2007.04.05 Thursday | - | - |
Comment